ページの上へ

カートを見る
○キャリーコルセット®製品説明
移乗補助用具キャリーコルセットRの画像 移乗補助用具キャリーコルセット背面 移乗補助用具キャリーコルセットマネキン

移乗補助具 キャリーコルセット®


特許第5548796号
意匠登録第1517162号
商標登録第5729160号
TAISコード 01711-000001

収納ポーチの画像

キャリーコルセット®の収納ポーチ
(もれなく付いてます、柄はお任せです)

> キャリコルを見る

オシャレで丈夫で伸縮性のある移動補助具のキャリコルは、ウエア感覚の移乗用ハーネスです。
前垂れ部の先端に美しい装飾生地を入れてあり、お好みの柄を選ぶこともできます!

Kajikaのイージーオン・オフ療養パジャマは勿論、普段のパジャマ、リハビリウエア、普段のお洋服などにも相性よく着られます(スカートは除外)。

脚が弱くなったり、寝たきりであっても、なるべく起こして連れ出してあげたい…。
kajikaのキャリーコルセット®は、そんなご家族の思いを応援します。

キャリコルイメージ画像1
在宅では、ベッドの端へ座らせたり、ベッドから車いすへの移乗は、毎日のことで介護者にも負担がかかり、なかなか大変です。
また、パジャマのパンツを掴んで移乗させる光景はよく目にしますが、これは誰の目にも美しく映らず、何よりご本人が快適そうではありません。
大切なパジャマの縫い目が切れたり、股に食い込んでしまったり、椅子に下ろした後も着衣の乱れがうまく直せません。
また、パンツは、伸びてしまうので介助者の腰にも負担がかかります。
キャリコルイメージ画像2
「どこか掴む所があるといいけど、従来のウエストを締めるタイプの移乗用具は内臓に負担をかけそう・・・・。着席後にきちんと座り直しをさせたいけど、一人ではうまくできない・・・・。」
そんな毎日の不快を大幅に解消できる移乗用具を作ってみました。

介助者がキャリーコルセット®のベルトの把持部をしっかりと掴むことで、介助者と被介護者の負担を軽減し、被介助者の着席時の姿勢を支持します。フィット性があり装着感も快適です。
キャリーコルセット®は、ズボンのベルトを掴む事のとは、本質的に全く異なります!  
キャリーコルセット®は、特徴的なT字型の構造で、把持部からの力をお尻、骨盤全体に拡散し、 その力は股下から正面へも伝達する形ですから、部分的に引き連れたり、食い込んだりることがありません。
腰の位置で留まることで、お腹には負担がかかりません。
きつく締め付ける必要はなく、座った時には腰をしっかりと保持します。 驚くほど、しっかりと腰を保持、体重を支え、安心の移乗ができます。今までには無かった感触です! 移乗だけでなく、リハビリ時の介助にも大活躍します!
キャリコルイメージ画像3


○製品の特長


キャリーコルセット®は、被介護者をベッドから車いす、車いすから座席などへの移乗、また、
椅子上での座り直しの際に、持ち手を提供し、より安全でスムーズに介助出来るように考案されました。

  1. 特徴的なT字型の構造は、横臥位(仰向け)での着脱が容易で、おむつカバー的な要素と伸縮性のあるデニム生地使用で、お尻と腰にジャストフィットします。※1
  2. キャリーコルセット®はオシャレで、パンツの上から装着でき、伸縮性のあるデニム生地は丈夫で、性別を選びません。
    男女兼用で股下の切り替え部分に伸縮性と通気性のあるメッシュ生地を採用しました。
  3. 被介助者を抱きかかえる時に、4~5か所ある把持部のうち、適宜2か所を持つことで、左右のどちら方向へも移乗しやすくなります。※2
  4. しっかりと把持部を掴むことで、介助者自身の体重を利用して被介助者をリフトすることができるので、より腕力に頼らない移乗が可能となります。※2
  5. 大腿部の付け根あたりから、腰の位置までで、骨盤全体を包むので、ウエストが過剰に締め付けられません。コルセット効果もあり、着席時に腰が安定します。
  6. お尻と骨盤全体を面で包むことで、把持部からの力を効率的に骨盤全体に分散しますので、着席後でも骨盤の回転が容易となり、座り直しやリハビリ時でのベッド上のお尻の移動に効果を発揮します。※2
  7. 着席中も取り外さずに座っていられるよう、把持部ができるだけ当たらないようにフラットに取り付けてあります。装着される方の体型、体重、体調等にも依りますが、お散歩、お茶の時間、リハビリ、通院の時間など、一定時間着けたままでいられるよう配慮されています。※3
  8. 前垂れの部分に美しい装飾を入れています、お好みの柄を選んでいただければ、さらに外出が楽しくなります。

※1 着脱方法を御参考ください。
※2 移乗の仕方(例)を御参考ください。
※3 詳しくは、使用上の注意をお読みください。



○製品仕様
* 各部の名称

※図は各部の名称を解説する為だけに、実物の縮尺を変えています。



キャリコルの各部名称画像


キャリーコルセットのサイズ表

【男女両用】

●特徴的なT字型の構造。全体は伸縮性のあるデニム生地を使用。
●腰周りの補強部はしっかりした帆布生地を使用。
 ベルトの取りつけ部分を補強し、コルセット効果を増幅し、着席時の姿勢が安定します。
 洗濯の度に馴染んでゆきます。
●股下切り替え部分に、伸縮性に富むメッシュ生地を採用しました。
●把持部は、S-Mサイズは4箇所、L-LLサイズは5箇所あり、指4本が楽に入ります。
 掴み易い長さで、なるべくフラットに付けられています。
●前垂れの部分を折り返す事で、移乗補助具としての安全性、安定感が増強。
 先端に美しい装飾を入れており、お好みの柄を選べます。
●把持部強度…把持部一か所80㎏、2か所同時120kgまで(詳細は耐荷重試験)

注)介護用の紙おむつをされている場合は、念のため紙おむつを装着した状態で腰回りを測定してください。

※kajikaの製品は日本国内で縫製しています。